「米作り体験」(稲刈り-1)

こんにちは。
残暑も後数日の我慢だそうです。風はとても気持ちの良いものになってきましたし、もう少しだけ頑張りましょうね♪

さて、みずほでは、年間を通して色々なイベントが開かれております。今回は、その中の1つ「米作り体験」をご紹介します。

「米作り体験」は、その名の通り「米を作ることを体験しましょう」というイベントです。「田植え」、「草取り」そして「稲刈り」の3回の作業を通して、お米が出来るまでを学びながら米作りを体験します。昔やっていた方法も体験し、昔の米農家の苦労を感じながら、お米への理解を深めることが出来ます。この取り組みは、1999年(平成11年)5月から始まり、以後毎年開かれています。参加者は、年1回の募集時に応募し、大人(中学生以上)3000円、小人(幼稚園・小学生)2000円を払います。お米が出来上がると大人は5㎏、小人は3㎏の収穫米がもらえます。もっとも収量や出席日数によって、量は変わるそうですが・・・。

今年は、5月16日に田植え、6月20日に草取りが行われました。そしていよいよ11、12日が稲刈りの体験日だったのです。今回は、稲刈り2日目の午前中の作業風景をご覧頂きます。

朝10時過ぎから開始された稲刈り体験は、まず初めに、鎌(のこぎり鎌)の使い方の注意があり、それから「縄なえ」を教えてもらいました。「縄なえ」は、刈り取ったイネを束ねるための紐を藁でなっていく作業です。

昨年参加された方は覚えていたらしくすいすいと作っていきます。上手になえたらこの笑顔です。お父さんから教えてもらったり、家族で楽しく作ったり、中には「出来たから、これで農家にお嫁にいけるかしら」など楽しい会話も聞こえてきました。
稲刈り1稲刈り2稲刈り3
稲刈り4稲刈り5稲刈り6

縄が出来た人からいよいよ稲刈りです。お父さんから檄を飛ばされながらだったり、おじいちゃんに助けてもらったり、お母さんと二人三脚だったり、思い思いに、一生懸命刈りました。先に実演して子どもに教えてから一人でやらせてみて、それを写真に撮ったり・・・、と大忙しのお父さんもいました。
その間、生産者さんたちは、「おだがけ」用の木や竹を組んでいました。「おだがけ」は、収穫したイネを天日干しで乾燥させることです(地方によって呼び名が違うそうですよ)。
稲刈り7稲刈り7
稲刈り9稲刈り10稲刈り11

稲刈り12とそこへ、みずほの長谷川社長を先頭に、テレビ局の一団がやってきました!! 『ちい散歩』という番組で、ラッシャー板前さんが市場を訪問する、その撮影だそうです。参加者さんたちは、ビックリ! 数人の方がラッシャーさんから質問をされ、撮影されました。今回の「米作り体験」は、ビッグなおまけ付き体験になりましたね~♪
今日の様子は、10月7日(木)の放映予定だそうです(テレビ朝日9:55~10:30)。ミーハーな私は、どんな風になるのかとても楽しみです♪

稲刈り13さて、ここでお昼になりました。新米で作ったおにぎりをはじめ、キュウリの漬物、白菜などの漬物、「自然養鶏卵」のゆで卵、炭火で焼いた沢山のみずほの野菜やお肉、デザートは梨、という豪華版。飲み物の麦茶に至るまで、みずほの生産者さんたちの新鮮で美味しい作物が出されました。私もお腹いっぱい頂きました。撮影する用意しかしていかなかった私に、お隣に座られた方が可愛い新しいシートを貸して下さいました。お蔭でゆっくり味わって食べられました。感謝です♪

午後の様子は、次回書きます。お楽しみに♪
                           
中島 郁子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

みずほの村市場

Author:みずほの村市場
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード