入荷情報

何年ぶりになるでしょう。
大関さんの陳皮とうがらしがお店に並びましたよ。

国産原料薬研(やげん)ずり にこだわりました。

福来(ふくれ)みかんの皮(桜川市産)
 青のり(国産)
 金ごま(つくば産)
 唐がらし(国産)
四味です。
機会がありましたら、ぜひとも御賞味くださいませ。

2013年のならせ餅はこんな感じでした

無病息災、五穀豊穣を願い15日にならせ餅をクヌギの木に取り付けました。
本来は旧正月の前日に当たる14日にならせるのですが、14日の積雪による悪天候により、15日に延期となっていました。ならせ餅は旧暦の大寒にあたる20日を前に19日に全て取り外します。これは昔から「大寒の風にさらすな」という言い伝えがあるからです。20日に先着400名様にプレゼントしました。

01 (1)
01 (4)

01 (3)
01 (2)
01 (1)

毎日新聞でも取り上げてもらいました。
(以下毎日新聞1月16日朝刊ヤフーニュースより引用)

◇豊作祈り、成らせ餅--つくば
 つくば市では、無病息災と五穀豊穣(ほうじょう)を祈る伝統行事「成らせ餅」が農産物直売所「みずほの村市場」で行われた。買い物客らは、2013年にちなみ、つきたての紅白の餅2013個をクヌギの木の枝に飾り付けた。
 餅は19日にもぎ取り、20日午前9時から先着400人にプレゼントする。木にならせた餅は寒風にあたり、かちかちになる。
 同市場は「廃れてしまった昔ながらの行事を知ってほしい。寒風にあたった餅を食べ、風邪を引かずに健康に過ごして」と話す。
 つくば市の介護職、浅野郁子さん(32)は「お餅は大好き。木いっぱいに餅がなると楽しい気持ちになる」と笑顔。同市の無職、畠山勝則さん(65)は、雪で幼稚園が休みになった孫のひなたちゃん(4)と参加。「成らせ餅は自宅ではやったことはない。楽しい体験ができた」と話していた。
(引用ここまで)

ちなみにならせ餅で利用しているクヌギの木は1本の木ではなく、幾本ものクヌギの木を近くのクヌギ林から運搬、挿して大木を模しています。
ならせ餅を取り外した後のクヌギの木は小さく切られ、店内の薪ストーブ用の燃料として再利用されています。

入荷情報

田畑さんのエシャレット始まります。

山本さんのプチヴェールも少しづつですがお店に有りますよ。

野口さんのひらたけまいたけエリンギ

高谷さんの原木栽培しいたけはいかが

頑張ってるのが、いちご農家の木戸さん
1日に何回もお店にいちごを運んでいます。

ならせ餅の準備をしました

新年あけましておめでとうございます。
みずほ農場を担当しています、川上です。今年もよろしくお願いします

先日、毎年恒例の「ならせ餅」の準備を行いました。
私は今回が初めての経験ですので、どういったものになるのか楽しみなのですが、既にならせ餅をならせるための木を準備する段階で、なかなか大掛かりなものだということを想像するには十分な内容でした。
写真 (10)(ならせ餅をならすためのクヌギの木の設置作業風景)
写真 (11)
(完成(翌日))
予定だと明日にならせ餅をならせる予定でしたが、ご存知の通り爆弾低気圧通過に伴う天候不順の予報により明後日15日にならすこととなりました。

今年は昨年よりまめにブログを更新していきますので、どうぞよろしくお願い致します

入荷情報

木戸さんのいちご いかが

菊地さんの切干大根 2種類あり 食べ比べてみて

柳生さんのからつき落花生あり

永田さん、佐伯さんの干し芋あり

2013年初出荷

20130105_1.jpg今年最初のレポートは、初納品風景です。
昨年までは8時頃に伺っておりましたが、違う時間に伺うと生産者さんの顔ぶれも違うと思い、今年は7時半過ぎに伺いました。

駐車場に着いて、まずお目にかかったのは、長谷川社長でした。お顔の艶が戻り、お元気な様子。良い年になりそうですね♪(写真 長谷川社長)

私が一番乗り!、と思って店に入ったら、今年も残念なことに、すでに柳橋さんの里芋もラディッシュも綺麗に並んでいました。「叶安」さんはキムチを並べていらっしゃいました。

8時、干し芋の『大金干し』を納品にいらした永田さん、「ちぢみホウレンソウ」や「人参」を納品にいらした飛田さん、「大根」「白菜」など色々な野菜を納品にいらした高谷栄司さん、それからは撮りそこなうほど次々に納品にいらっしゃいました。

見るからに新鮮で綺麗な野菜が積まれていきます。
柳橋さんのラディッシュ叶安の有精卵門脇さんのレタス角田さんのホウレンソウ白土さんのサツマイモ吉波さんの里芋
長須さんの中玉トマト野口さんのキノコ会田さんの春菊
(写真 生産者さんの初荷)
でも、年末の寒さはかなり農作物に影響をしていて、実は、大きくならなくて出荷が遅れているものや、凍ってしまって出荷出来なくなったものなどもあります。
自然を相手にする農業の難しさを身に沁みて感じながら、技術の向上などで乗り切ろうと必死です。経営者としての力量も問われます。

生産者さんが、店内の奥にある薪ストーブの前に陣取る社長に新年の挨拶をすると、社長からアドバイス(叱咤激励?)があります。昨年までは、「新年早々そんな大声で言わなくても・・・」と思って聞いたものですが、今年は、「声をかけてもらえることは幸せなんだ」と思って聞けました。そうは思っても、私に言われている訳でもないのに、怒られているみたいに感じて未だに心臓がドキドキしてしまいますが・・・(笑)。
多分新しい生産者さんは、「そんなこと言われても・・・」と最初は難しく思われるのでしょうが、数年後にじわじわと「このことだったのか」と思い至ることもあるのだろうなと思いながら、こっそり聞いていました。

開店早々のお客様そうこうしているうちに、9時。待ち構えていらしたかのように、次々にお客様が入ってこられました。(写真 開店早々のお客様)

9時半。なのに、生産者さんの姿が、まだ足りません。私でも気付いたのですから、社長が気付かないはずはなく、「感謝が足りない!」とおっしゃいました。思わず拍手してしまいました。
そうです。お客様は、皆さんの野菜を楽しみに早くから車に乗って、いらして下さっているのです。お目当てのものの納品を待って下さっているお客様もいました。
どうか、そういうお客様がいて下さることを大切に思って、厳しい寒さの中本当に大変ですが、頑張って頂きたいと願っています。

大関さんと散歩するメリー最後になりましたが、「みずほ」の看板犬「メリー」も元気です。大関さんに連れられて(大関さんを連れて?)散歩に出て行きました。(写真 大関さんと散歩するメリー)

「みずほの村市場」、今年も無事スタートしました♪
                             中島 郁子

2013年が明けました!

明けましておめでとうございます。
今年も皆様のご健康とご多幸を祈りつつ、ある時は旧モニターとして消費者目線で、そしてまたある時は、「みずほ」のイベントや生産者さんのご紹介をする「みずほレポート」を、さらに検査室からは、放射線量測定に関してのご報告などを書かせて頂きます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


3日、店の入り口に新年のご挨拶が貼られ、駐車場に白線が引かれ、4日までお休みの「蕎舎」は落ち着いた佇まいで在り、「サラダ牧場」では元気に馬たちが歩き・・・、いつもの「みずほ」でありながら、新年を迎えた感じがちょっぴりしました。
20130104a.jpg20130104b.jpg20130104c.jpg
20130104d.jpg


今年も、「みずほ」一丸となって、消費者が安心して食べられる安全で美味しい農産物を作り販売して下さるよう、それぞれのお仕事を頑張って下さることを願っております。

次回は、初売りの日の様子をレポートします。

                   中島 郁子
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

みずほの村市場

Author:みずほの村市場
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード