入荷情報

高山さんの小松菜始まりました。

山本さんも頑張って葉物出してます。
小松菜・水菜・エンサイ

高谷(栄)さんの葉付大根
9/29(土)~始まります。

水戸店で販売する小林さんも(土)~始まりますよ。
 
いっしょだね。


今販売している品種は国見・丹沢・ポロタンです。


今販売している品種は豊水・あかづき・新高です。

体験学習 -稲刈りー

日替わりで夏と秋がやってきて、体調管理がとても難しいです。くれぐれもお気をつけてお過ごしください。

実ったもち米さて、5月24日に田植え体験をした柳橋小学校の5年生が、9月24日稲刈り体験をしました。(写真 実ったもち米)
前日に降った雨で田がかなりぬかるんでいて、作業はとても大変でしたが、皆さん上手に出来ました。真剣な様子をご覧下さい。



まずは、昔、米農家さんが夜なべで作っていたという「縄なえ」作業です。1人5本がノルマで、出来た人から稲刈り作業に移ります。見てる分には簡単そうな「縄なえ」ですが、実際は結構難しいのです。でも、コツをつかめば大丈夫! 今年の生徒さんは、器用に作りました。出来上がりも綺麗です。
縄なえ作業難しい~綺麗に出来ました
(写真左から、縄なえ作業、難しい~、綺麗に出来ました)


続いては、稲刈りです。稲刈り用の鎌は、刃がギザギザしているので、ケガをしたら大変です。取り扱い注意をよく聞いて、次々に稲刈り作業を始めました。
足元がかなりぬかるんでいるので、長靴がはまってしまって、自力では抜けなくなることもしばしばありました。仲間が助けてくれたり、そのうち、どうしたらはまらなくて済むかを体得していったり、作業を数人で流れ作業のように工夫していったり、まさに「体験学習」していました。
真剣に作業しましたスタッフさんに教えてもらってギュッと縛ります先生助けて~
(写真左から、真剣に作業しました、スタッフさんに教えてもらってギュッと縛ります、先生助けて~)

出来上がり刈り取った稲は、初めに作った縄で結び、「おだがけ」にかけて天日干しされます。水分を減らして長期保存できるようにします。
(写真 出来上がり)




時間がきたので、ご褒美のスイカを食べ、学校に戻っていかれました。
ご褒美に大喜びお疲れ様でした
(写真 ご褒美に大喜び、お疲れ様でした) 

今回刈り取ったもち米で、来年、餅つきが出来ますよ。楽しみにしていてくださいね♪

                                中島 郁子

入荷情報

会沢さんのぶどうは23日(日)で終了です。
24日(月)の昼ごろになりけど、佐伯さんのメロン始まりますよ。
アールスメロンです。よろしくね。

登坂さんのスイカ、少しづつ始まります。

頑張っているのが門脇さんの枝豆です。

若本さんの梨は豊水終了。
あきづきが始まりました。

旬を実感・食感・体感」が始まりました!

新米の出来るこの時期に行なわれるため『新米まつり』、または、秋刀魚のつかみ取りが出来るため『さんま祭り』とも呼ばれているようですが、実は『旬を実感・食感・体感』という「みずほ」恒例のイベントが、15日から始まりました(17日まで3日連続で行われます)。

お米は、暑さが厳しかったので生産者さんも出来を心配していらしたかもしれませんが、台風にもあわず無事収穫を迎えました。
その新米(「コシヒカリ」「夢ごこち」「ミルキークイーン」「ゆめひたち」)を食べ比べて頂きながら、日本の食文化の源であるお米について関心を持って頂こうと企画したイベントです。
そして、同じく旬である秋刀魚も、普段出来ない「つかみ取り」で楽しんで頂こうというものです。
手書きのパネルも登場新鮮なさんま
(写真左から、手書きのパネルも登場、新鮮なさんま)

水戸店にある「あかつ水産」が、今年も新鮮な秋刀魚を運んで下さいました。
新米お買い上げのお客様には、5kg毎につかみ取り券1枚がプレゼントされます。みずほ会員様は1回200円、その他の方は1回500円でも、つかみ取りが出来ます。
ビニール手袋をはめた片手を氷水の入った大きな水槽の中に入れ、中の秋刀魚をつかみ取ります。秋刀魚は、お持ち帰りも出来ますし、その場で炭火で焼いて食べることも出来ます。塩加減も焼き加減も自分で出来ますので、焼きたては美味しく、皆さん笑顔です。
ご飯(1杯50円)や、みずほ自然養鶏場の卵をかけて食べる卵かけご飯(1杯100円)も用意されていますので、お昼には多くの方がいらして楽しまれていました。
20120915_3.jpg20120915_4.jpg炭火で焼くのは格別

(写真左から、獲った!、自分で焼きます、炭火で焼くのは格別)

焼きたては美味しいご飯も卵かけご飯もあります今年も大盛況
(写真左から、焼きたては美味しい、ご飯も卵かけご飯もあります、今年も大盛況)
お茶の根本園さんのコーナー お茶の根本園さんは、冷茶の無料試飲を用意して下さり、「日本人でよかった!」と思うほど美味しいお茶が飲めました。私は、今回も大好きな「濃茶アイス」が食べられて、疲れも飛びました。「茶葉入り」「チョコチップ入り」「ほうじ茶」の他、近々、「あずき」入りがお目見えすると聞き今から楽しみにしています。みずほ店内で購入出来たら本当に嬉しいのですが・・・。(写真 お茶の根本園さんのコーナー)


創健社さんのコーナー創健社さんは、「きんぴら」「しょうがご飯」「サンサスうどん」の試食を用意して下さいました。しこしこ麺がさっぱりした汁で食べられる「サンサスうどん」を試食しましたが、これは美味しい!!お薦めです。是非お試しください。(写真 創健社さんのコーナー)


最後に、今年新しいコーナーが出来ましたので、ご紹介します。
「新米できたよプレゼントクイズ」コーナーです。
クイズコーナー担当はモニターですクイズに挑戦して下さったお客様

(写真左から、クイズコーナー担当はモニター、クイズに挑戦して下さったお客様)

食と農に関するクイズに答えて頂き、全問正解者には新米1kg がプレゼントされます。みずほ会員は100円、非会員の方は200円で出来ます。このコーナーには、ポスター(パネル)が掲げてあり、お読み頂けば正解がわかるようになっていますので、どなたでも楽しんで頂けます。
「お米に関すること、放射能に関すること、みずほの食の安全の取り組みなどが解る+新米をもらえる」という、大変お得なコーナーだと自負しています。
なお、このコーナーは、みずほ消費者モニターが担当しています。お客同士色々情報交換も楽しみながらやっておりますので、お気軽に参加して頂けたら嬉しいです。お待ちしております♪

中島 郁子

入荷情報

9/15(土)~ 高山さんの3色とうがらしがお店に並ぶよ。
みんなが普段使っているのが赤いとうがらし。
あと2色は
黄色とうがらし(辛い)
紫とうがらし(辛くない)
あとはみんなにおまかせ。

がんばって葉物を持ってきてくれるのが山本さん。
エンサイ小松菜水菜みなさんよろしくね!

入荷情報

高谷(悦)さんの、少しづつですが始まりました。

片岡さん、黄色いミニトマト作ったみたい。早くお店に並ぶといいね。
どんなかな?楽しみです。

鈴木さんのニガウリですよ。

米作り体験 稲刈り-2

前回に引き続き、「米作り体験」の稲刈りの様子をご覧頂きます。

参加者の皆様が、そろそろ暑さと腰痛で集中力がなくなってきた頃、「ご飯にしましょう♪」という声がかかりました。
お楽しみのお昼ごはん。
今日のメニューは、おにぎり、卵、キュウリの漬物、トマト。バーベキューは、豚肉、ウインナー、イカ、それと何種類もの新鮮野菜。デザートは梨です。
おにぎりは、もちろん新米!ツヤツヤのご飯で握ってあります。
肉もウインナーも、すごく美味しかったです。それと今年の野菜は、種類が多かったですね。「美味しい~!」「おかわりしてこよう」「まだ食べるの?!」などなど、楽しい会話が聞こえてきました。
残念だったのは、卵。実はゆで卵を用意したはずだったのですが・・・。ごめんなさい!!
甘い梨を食べて、冷たい麦茶を飲んだら、言うことなし!
お昼ですよ~新米のおにぎり
(写真左から、お昼ですよ~、新米のおにぎり)

美味しい食事が済み、パワーも戻ってきたところで、また作業に戻りました。
現れたのは、稲刈り機。
少々コツが必要な機械ですが、刈って束ねてくれます。お子さんたちは、行儀良く順番に並んで実際に動かしてみました。昨年も体験した方は、もうスタッフさんの手伝いがほとんどいらない状態でスイスイ刈り取っていました。
残りの場所では、家族仲良く、一生懸命に手で刈り取っていました。
「おだがけ」も長くなり、次々に刈り取った稲がかけられました。
バインダーで稲刈りバインダーを実体験手刈りの稲を束ねています

おだがけで乾燥
(写真左から、バインダーで稲刈り、バインダーを実体験、手刈りの稲を束ねて、おだがけで乾燥)

次に運ばれてきたのが、博物館にでもありそうな古い足踏み脱穀機。
生産者の会田さんが、実演して下さいました。原理的には今のコンバインの中も同じようなものだそうです。
最後には、希望したお子さんたちも実際に脱穀をしました。
足踏み脱穀機の実演子供たちも実体験
(写真左から、足踏み脱穀機の実演、子供たちも実体験)

最後まで残って下さった参加者の皆様と、生産者さん、「みずほ」スタッフの全員で集合写真を撮りました。現像してお送りしますので、楽しみにお待ちください♪
お疲れさまでした
(写真 お疲れさまでした)

「米作り体験」、今年も無事に終了です。
皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。


                        中島 郁子

入荷情報

まだ少しだけど
外山さんのきゅうりはじまりました。
八島さんのれんこんもはじまります。

豊水の梨 3人になりました。
中川さん、若本さん、栗原さん
どれにしようかな!

高谷(悦)さんのみょうが、時々かな

新米始まりました。
コシヒカリ夢ごこち
今度の週末9/15(土)16(日)17(月)は新米買うとお得です。
なぜって、みずほのHPを見てね。

米作り体験 稲刈り-1

こんにちは。
9月に入っても厳しい残暑が続いています。夏の疲れが出てくる頃ですので、くれぐれもお身体に気をつけてお過ごし下さい♪


さて9月9日、厳しい暑さの中、「米作り体験」を締めくくる稲刈りが行なわれました。その様子を2回に渡ってお伝えしていきます。

まずは、草取りの日(6月)の田の様子をご覧下さい。
同じ田が、こんな風に変わっていました。
今年は暑かったので少し高温障害が起き、またスズメに食べられる被害もあり、最高!、とはなりませんでしたが、良い出来になっています。
6月17日9月9日実った穂
(写真左から、6月17日、9月9日、実った穂)


今回の体験の最初の仕事は、「縄なえ」です。刈った稲を束ねるためにワラで紐を作ります。生産者さんからしっかり教わり、一人10本を目標に作ります。これが結構難しいのです。ねじっただけになってしまって悪戦苦闘する方、すいすい綺麗になっていく方、年齢にかかわらず色々いらして、毎年楽しい光景です。
縄なえ作り方を習う
(写真左から、縄なえ、作り方を習う)


出来上がり次に、高橋部長の実演を見ながら稲刈りのやり方の説明を受けました。
特に注意が必要なのは、稲刈りに使用する鎌です。ケガをしないようにすることはもちろん、手を離した時の置き方にも注意が必要です。
刈り取った稲は、互い違いに重ね、縄なえした紐で束ねます。出来上がったものは、竿(さお)に干して天日で乾燥させます。(写真 出来上がり)


さあ、いよいよ作業開始です。
何度か体験している方は、手際良く刈り取り、ドンドン束ねていきます。初めての方は、生産者さんか「みずほ」スタッフがつき、説明を受けながら稲刈りをしました。小学生の皆さんも上手に鎌を使って、気持ち良いほどきちんとした作業をしてくれていました。
作業開始作業中見事な手さばき
(写真左から、作業開始、作業中、見事な手さばき)

おだがけ刈り取り作業が終わった所に、生産者さんたちによって「おだがけ」用の木や竹が組まれていきます。ここに刈り取った稲を掛け、数日間天日に当てて乾燥させます。刈ったばかりの稲は約20%の水分があり、このままではカビが発生してしまったりするので、15%くらいになるまで乾かすのです。
(写真 おだがけ)


次回は、美味しかった昼食と午後の作業風景をお届けします。
                          中島 郁子

店長のおすすめ情報

中山さんと会沢さんのぶどうあり。
いろんな種類があるよ。
注文していただくと化粧箱にお好みのぶどうの詰め合わせもできます。

では幸水が終了。
豊水の時期になりました。

新さつまいも(紅あずま)では
 牛久店でも販売している飛田さんあり
 水戸店でも販売している白土さんあり
白土さんは箱売りもしています。
もう少しすると田畑さんや小川さんのも始まります。

食べ比べてみて!!
里芋は飛田さんのです。よろしくネ。
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

みずほの村市場

Author:みずほの村市場
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード