ようこそ「みずほ」へ♪ (米作り体験ー2-草取り)

こんにちは。

梅雨の中休みとなった24日、東京のフレンドリープラザ墨田児童会館の皆さんが、米作り体験第二弾の草取りにいらっしゃいました。日差しは強かったのですが、風が爽やかだったので、作業するには良いお天気の中、館長さんはじめ皆さん頑張りました。

高橋部長から話を聞くまず、高橋部長からお話を聞きました。
(写真:高橋生産部長から話を聞く)
○イネが水中で育つのは、葉の部分から酸素が根に送られるからで、葉を切ってみると中が空洞になっています。
○酸化しているから、根が赤いのです。
○2~3本を植えたイネは、現在10本以上に分けつしています。今後、稲刈りの時までに20~25本に分けつします。
○イネの葉を食べてしまう害虫は、「イネドロオイムシ」(背中に糞を背負っているように見えるところからその名がついた)の幼虫です。先週はかなりいたのですが、随分少なくなっています。
○雑草の「オモダカ」や「ホタルイ」を抜いて、畦に上げるか、水中に埋めて下さい。

その後、いよいよ作業開始です。
初めは、雑草の見分け方が難しかったのか、なかなか前に進んで行きませんでした。取り残しも多く、時間内に取れるのか、ちょっと不安に思いながら見ていました。

しばらくすると、慣れてきたのか、作業が進みだしました。前回「虫が苦手」と言った方は、職員さんの傍で一緒に作業していましたが、前回の何倍も距離をのばせました。虫が平気な方は、カエル取りに夢中です(笑)。「弱っているトンボがついてる」と持ってきて、「寝かせたら誰かに踏まれたら可哀想だから」と立てていく優しい方もいました。
皆さん泥の汚れにはすっかり慣れた様子で、前回よりずっと楽しそうに作業していました。
楽しそうに作業上手に雑草だけが取れるように弱ったトンボを見つけて
(写真左から、楽しそうに作業、上手に雑草だけが取れるようになりました、弱ったトンボを見つけて)

馬車を見て大騒ぎ作業の途中で、「サラダ牧場」の馬車が田んぼの脇を通りました。「馬だ!」「犬だ!」「何でここを馬車が走るの!?」「あれは本物じゃないんじゃないの?」と大騒ぎです(笑)。
(写真:馬車を見て大騒ぎ)



2時間ほどの草取りの後、着替えを済ませた皆さんは、「サラダ牧場」に移動しました。そこで、馬に触ったり、エサやりをしたり、ザリガニ釣りをしたり、と楽しみました。馬を初めて間近に見た方もいて、怖々エサをやる姿は微笑ましいものでした。
そして、ご褒美のスイカを「あま~い!!」「美味しい!!」と喜んで食べ、東京へと帰って行かれました。
4月に生まれたハンナサスケともすぐに仲良し美味しさにビックリ
(写真左から、4月に生まれたハンナと、サスケともすぐに仲良しに、美味しさにビックリ!)

児童館の皆さん、
夏休みには、今度は是非ご家族で「みずほの村市場」にいらして下さい。「みずほ」の夏は、ひまわりの迷路が楽しめます。さらに色々な野菜の収穫体験も出来ます。馬や馬車にも乗って、視界が変わる楽しさも体験してみてください。
お待ちしていま~す♪

                             (中島郁子)

米作り体験 - 草取り

こんにちは。旧モニターの中島郁子です。

17日に米作り体験の第二弾、草取りが行なわれましたので、その様子をご覧頂きたいと思います。

まずは田んぼの様子から。
田植えからほぼ1ヶ月が経ち、田んぼはこんな様子です。
綺麗に植わっている密集しています植え忘れかな?
(写真左から、綺麗に植わっている、密集しています、植え忘れかな?)
器械で植えたように綺麗な線が並ぶところや、過密状態のところ、逆にスカスカのところもあります。植えている時には気付かなかった作業状態が、すっかりバレてしまっていますね(笑)。

イネドロオイムシの幼虫が発生今年も昨年のようにイネが白っぽく見えます。そうです、例の幼虫(注1)が今年も出現しています。気温が低かったせいでしょうか?早く気温が上がって、成虫になってほしいものです。(写真 イネドロオイムシの幼虫が発生)

初めに、高橋部長から草取りの説明を受けました。
雑草の「オモダカ」は、大きいものは抜いて土手に上げ、小さいものは、土の中に埋めます。両手でイネの周りの土をかき回すように動かし、小さな雑草はそのままにしておいても良いそうです。イネとイネの間を歩くだけでも雑草の繁殖は抑えることができるそうです。
昔使われていた草取りの器械を使っての実演もありました。イネがまっすぐに植えてあると役立ちます(笑)。
雑草のオモダカは抜いて草取りの機械こうして使います
(写真左から、雑草のオモダカは抜いて、草取り機械、こうして使います)

そしていよいよ作業開始です。
皆さん、一生懸命作業していました。もちろん、子どもたちも最初は真剣に草取りをしていますが、やはり虫が気になるようです。「まだ尻尾があるよ」と、途中でわざわざ駆け寄ってきてカエルを見せてくれました。顔なじみになったお子さんたちが「今年はカエルがまだ小さい」とか「ザリガニを捕ったよ」とか、たくさん話かけてくれます。嬉しい時間です。
作業開始一生懸命作業カエル
(写真左から、作業開始、一生懸命作業、カエル)

馬が来ました!すると突然、視界に馬が!!
サラダ牧場の三輪さんが、颯爽と馬に乗ってやってきました。この日は草取りの後、牧場で乗馬や馬車も楽しめるそうです。
(写真 馬が来ました!)



当ったぁ!2時間の作業を終え、場所をサラダ牧場に移動して、お楽しみのスイカ割りが行なわれました。「右、右」「もう少し前」「ちょっと下がって」などなど適切なアドバイスを受け、無事に棒をスイカに命中させました。スイカは、その場で食べたり、持ち帰ったり出来ます。
(写真 当ったぁ!)

私はこの後、牛久店のモニター会の皆様が、放射能測定検査を見学にいらっしゃるため検査室に戻ったので、乗馬や馬車を楽しまれたのを撮影できませんでしたが、きっと思い出に残る一日になったことと思います。
参加者の皆さん、
今回は作業風景の写真がたくさん撮れました。次回(稲刈り)プレゼントさせて頂きますので、楽しみにいらして下さい♪

注1
この害虫は、イネドロオイムシといいます。幼虫はイネをかすり状に食べてしまうため、イネが白っぽくなってしまいます。梅雨時に多く発生し、気温が低い日が長くなるとより被害が大きくなります。
幼虫は、背中に糞を乗せて大きく見せかけています。そのためこの名前がついたそうです。成虫は、甲虫です。

入荷情報

明日から柳橋さんのオクラがはじまります。

トウモロコシどっさり

中根さんのブルーベリーはいかが。(手摘み大変だよね)

入荷情報

門脇さんの枝豆今日から始まりました。

とうもろこし山盛り

平島さんの南瓜、明日からお店に並びます。

野口さんのまいたけひらたけエリンギ野菜といっしょに食べてみて。

中島さんの甘とう美人伏見甘長山本さんの万願寺とうがらし
私は焼いて食べるのが大好きです。

須藤さんのアスパラまた始まりました。

入荷情報

ズッキーニ山盛り

吉波さんの男爵
高谷さんのワセシロ
飛田さんのキタアカリ
どのじゃやがいもがお好みかな。

青しそ赤しそ、はじまりました。

平島さんの南瓜6/16(土)~お店に並びます。

放射線量測定検査-最近の様子

こんにちは。旧モニターの中島郁子です。
爽やかな五月晴れを実感しないまま、梅雨入りしてしまいました。体調を崩していらっしゃる方が多いように思います。どう ぞお気をつけてお過ごし下さい♪

さて、放射線量測定検査を始めて4ヶ月が経ちました。最近の様子をお伝えしたいと思います。

最近は、器械が安定してくれているので、精神的に楽になりました。

農作物は、下限値を 12.5Bq/Kg に設定しても不検出ばかりになっています。
現在は、 測定室内の環境を改善してきたこと、器械が安定していること、容器に詰めるサンプルの密度を上げることが出来るようになったこと、などで下限値を 15.0Bq/Kg から 12.5Bq/Kg に下げることができるようになり、測定を続けています。
1検体30分で測定していますが、中には45分かかる時も1時間かかる時もあります。検体の下処理に時間がかかりますので、9時から19時まで休みなくやっても、一日11~13検体がやっとです。でも、農作物は生き物ですし、生産者さんは出荷待ちをしています。なので、届いた検体はその日のうちに測定しますから、私たちの帰宅後に高橋部長が残業している日もあります。

最近の問題は、この時期、フードプロセッサーにかけると泡が出てしまう作物が多くなってきたことです。細かくしないと密度が下がりますから、包丁でみじん切りしたものと混ぜたり、そのまま容器内で潰したり、と試行錯誤をしつつやっています。
検体(モロッコインゲン)泡が少なくなるように粉砕重量比1以上を目指して詰める
(写真左から、検体(モロッコインゲン)、泡が少なくるように粉砕、重量比1以上を目指して詰める)

ところで、検査室に大きな変化がありました。
1つ目は、4月初めから一緒に測定をして下さる仲間が増えたことです。第8期消費者モニターの方です。小さなお子さんがいらっしゃるので関心も強く、若くて素直な方なのですぐに操作を覚え、すでにお一人でも検査できそうです。頼もしい仲間です。

2つ目は、検査室と事務所が別になるように、新しく部屋が増設されたことです。まだ引越しはすんでいませんが、これからもっと検査環境が良くなりますので、さらに正確な測定を目指していけそうです。


20120610_4.jpgついでに報告しますと、5月21日に東京で行なわれた「放射線業務従事者のための教育訓練講習会」(日本アイソトープ協会)を受講し、終了証を頂いてきました。60分4コマ+40分1コマの授業でしたから、大昔の学生時代より頑張ったかもしれません(笑)。
(写真 終了証)

これからも、安全で美味しい作物を安心して提供できるよう、生産者さんと協力して頑張っていきます。
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

みずほの村市場

Author:みずほの村市場
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード