旧正月を祝おう!- その2

実は、23日の旧正月を祝う餅つきには、お買い物にいらしていたお客様の他に、可愛い参加者さんたちがいらしていたのです。
近くにある柳橋小学校の5年生(26名)の皆さんです。

柳橋小では、数年前から、総合的な学習の時間を利用して、「みずほ」での農業体験(米作り体験)をしてきました。毎年5年生になると、「田植え」と「稲刈り」の体験学習をしてきたそうです。今年はもち米を栽培したので、餅つきの体験もすることになりました。

10時半に到着した生徒さんは、まず高橋生産研究部長から、旧暦の話などを伺いました。

それからいよいよ餅つきです。初めて餅つきをする生徒さんもいますし、幼稚園時代にやったことがある生徒さんもいました。
二手に分かれて、仲間の声援を受けながら頑張って杵を振り下ろしました。臼の真ん中に下ろすのが難しいと感じた生徒さん、「楽しい~!」と思った生徒さん・・・、様々な感想が聞かれました。
高橋部長から説明を受ける餅つき
(写真左から、高橋部長から説明を受ける子どもたち、餅つきの様子)

試食生産者さんが仕上げをして下さり、お楽しみの試食です。「つぶ餡は苦手だけど、これは美味しいので食べられた」「こんな美味しいお餅は食べたことない」などの感想を言いながら、つきたてのお餅の美味しさを存分に味わって、皆さん笑顔いっぱいでした。
(写真:試食) 

次は加工所に移って、お持ち帰り用の丸もち作りです。お米とお餅の生産者である大関さんから、手順と丸め方のコツを教えてもらいました。初めは手ごろな大きさに餅をちぎることにも苦心し、ましてや丸めることなど大変そうで、どうなることかと思って見ていましたが、徐々に解ってきたらしく、可愛い丸もちを作れるようになりました。
大関さんから習う一生懸命
(写真左から、大関さんから習う、一生懸命)
頑張りました出来上がり
(写真左から、頑張りました、出来上がり)

お疲れさまでした全員が1パックずつ出来た頃、授業時間が終わりました。それぞれ自分で作ったお餅を手に、大きな声でお礼を言って学校へ帰って行きました。
(写真、お疲れさまでした)

試食をしながら生徒さんが、田植えの時の体験談を話して下さいました。「ズブズブと底がないように感じた」「歩きにくかった」「苗を投げられて泥がついた」など、体験したからこその言葉が次々に出て来て、それを聞くのがとても楽しかったです。想像世界では味わえないものが得られたのでしょう、活き活きとした顔で話してくれました。自分の手や足など五感で感じたことは、大人になってもきっと覚えているでしょう。
いつの日か、「お母さん(お父さん)が小学生の時にね~」なんて体験談を話すのかしら・・・?、と勝手な想像をしています。
元気で、怖がらずに色々な体験をして下さいね♪
                      
中島 郁子

旧正月を祝おう!-その1

こんにちは。モニターの中島郁子です。
インフルエンザが流行ってきたそうです。どうぞお気をつけてお過ごし下さい♪

旧正月を祝おうさて1月23日は、旧暦の1月1日でした。「みずほ」では、餅つきをして旧正月を祝う行事がありましたので、ご紹介します。

入り口を入ったところに、「旧正月を祝おう!」の掲示板があり、そこに「(旧暦は)明治5年まで正式な暦でしたが・・・」と書いてありました。(写真:入口の看板)

そこで、暦について少し調べてみました。
暦には、太陽の動きをもとにして作った太陽暦、月の満ち欠けをもとにした太陰暦、太陰暦を基本にして季節を合わせるために太陽暦の要素を入れた太陰太陽暦があります。
日本では、「天保暦」を明治5年12月2日に止め、12月3日を明治6年(1873年)1月1日としました(明治改暦)。
改暦については、明治政府が、月給制度にした官吏のお給料を年13回払うのを防ぐためだったとか。
つまり旧暦のままだと明治6年は閏月があるため年に13回支払うことになり、ここで新暦に改暦すると明治5年の12月分と含め、かなりの額の支出を削減できると考えたからだそうです。ところが、慌てて改暦したため不備があり、1898年(明治31年)に改めて勅令を出してグレゴリオ暦に合わせた閏年に関する調整を定めたようです。

「冬至」、「大寒」、「夏至」、「秋分」などや、「三日月」、「十五夜」など、現在使用されている太陰暦や太陰太陽暦の名残もあり、当たり前に使っていた暦でしたが、調べてみると知らなかったことが色々あって楽しかったです。

脱線しました、すみません。元に戻って・・・

「みずほ」は旧暦も大事にしているので、23日を旧正月としてお祝いしたのです。
最近は農家さんでも器械で作ることが多くなっているというお餅ですが、今回は2つの臼を使い、完全手作りの杵つきのお餅を作って販売しました。つぶ餡と新鮮大根で作ったからみ餅の2種類でした。どちらも歯ごたえのある美味しいお餅でした。

お店にいらしたお客様も参加しての餅つきは、「良い年になりますように♪」願いを込めて、力の入った餅つきになり、お正月を祝うに相応しい、明るく楽しいものになりました。
生産者さんが手作りします出来たてを店頭販売小さな杵でヨイショ!

(写真左から生産者さんが手作り、出来たてを店頭販売、小さな杵でヨイショ!)

プロ並みのいい音初体験家族で楽しんで
(写真左から、プロ並みのいい音、初体験、家族で楽しんで)

ならせ餅

こんにちは。モニターの中島郁子です。

何してるの?まずはこちらの写真をご覧下さい。(写真:何してるの?)
何の作業をしているところでしょう?







ならせ餅とはこれは、14日(土)に行なわれた「ならせ餅」の一幕です。
「ならせ餅」とは、小正月の前日(1月14日)に餅をつき、木にならせることで「無病息災」と「五穀豊穣」を祈る、という伝承行事の1つです。今年は、2012年にちなんで2012個(?)の紅白の餅を、生産者さんと買い物にいらしたお客様とで「成らせ」ました。(写真:ならせ餅とは)





生産者の川根さんと中川さん午前9時半すぎ、まずは赤の可愛い餅が出来上がりました。
(写真:生産者の川根さんと中川さん)





それを駐車場に設置した椚(くぬぎ)の大木の枝につけて行きます。高いところは、最初の写真にあったように、生産者さんがホイールローダーや高所作業車に乗ってつけました。下の方は、お客様につけて頂きました。
初体験だそうです祈りを込めてこんな風になりました
(写真左から、初体験だそうです・祈りを込めて・こんな風になりました)

青空にはえて昼には、ご覧の通りに完成!
(写真:青空にはえて)
見事に紅白の花が咲いたようになりました。




カラスよけ今年は、作業の初めにこんなものを取り付けてみました。カラス除けです。果たして効果のほどは・・・?
(写真:カラスよけ)




なお、この紅白のお餅は、20日(金)9時から、店頭でプレゼントされます

湯清め神事と食と農の交流会

皆さん、明けましておめでとうございます。
第六期 みずほ消費者モニターの金親克巳です。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

1月10日に恒例の「湯清め神事」と「食と農の交流会」が蕎舎で行われました。
「湯清め神事」は水戸八幡宮の宮司さんと巫女さんにお越しいただき水戸八幡宮では創建以来400年間も続いている神事です。
「みずほの村市場」では、蕎舎が出来た平成12年より続いている行事です。

若水を釜に注いで火をたぎらせ、その熱湯の飛沫を浴びることで邪気を祓い全ての霊を浄化する神事である。これにより気力が充実し一年間健康に過ごせるといわれています。(水戸八幡宮の湯清め神事の説明を引用)

式は、
'手水の儀'の後
'降神の儀'(神様をお招きする)
'献せんの儀'(神様にお供え物を献る)
'祝詞奏上'(神様に祝詞を奏上する) と続き
'献湯'
'湯祓いの儀'(かまどで沸かした湯で、参列者お祓いする)で湯を榊にて参列者にお祓いをし、山場を迎える。その後全員で玉串を奉り拝礼をする。
'昇神の儀'(神様にお帰り頂く)に続き
'神酒拝戴'で参列者が神前にお供えした神酒を戴き、この時に前年に戴いた御守りを納め、新たな御守護をいただき全ての式次第が整うのです。
祝詞奏上では笙という雅楽で用いられる竹で出来た管(13~19本)を環状に縦並べこれを吸い口で吹く楽器や横笛の音色が、優雅でおごそかな雰囲気のなかで進行していきます。まさに新年の気持ちが引き締まる時でもあります。
降神の儀笙を吹く宮司湯祓いの儀お神酒を頂く長谷川社長
(写真左から、降神の儀・笙を吹く宮司・湯祓いの儀・神酒を頂く長谷川社長)

挨拶をする長谷川社長続いて「食と農の交流会」ということで、みずほの生産者(農業経営者)の皆さんと消費者がお互いに理解を深めるため蕎舎で食事が、ふるまわれました。温かい国産十穀甘酒と七草がゆをいただきながら、最初に長谷川社長から昨年東日本大震災をうけての、みずほの支援活動や放射線対応への取り組みが話された。
そのなかで、3/30水戸・大洗地区へ野菜を届けたこと、また4/09には被災地が交通事情が困難な時に宮城県・松島地域へ'いのちある野菜'を届けたことなどが語られた。長谷川さんはこれらの活動のなかから『道具やエネルギーを使えるのは人間にしか出来ない』『そのような時に工夫・知恵・想像力が生まれる』という持論を披露し人間はモノを作り出す力が必要であると話し、今年は力強く第一歩を歩み始める時だと結んだ。
(写真:挨拶をする長谷川社長)

挨拶をする角田会長次にみずほ農業経営者会の角田会長から消費者の皆様へ安心で安全な食品を提供できるよう今年も頑張って参りますとの決意が述べられました。
(写真:挨拶をする角田会長)




長谷川センター長(蕎舎)蕎舎の代表でもある長谷川成大センター長からは本日の献立の紹介があり、始めの七草がゆ、十穀甘酒に続きいかの煮付け、厚焼き玉子、牛の煮込み、野菜のてんぷら、そして最後に蕎麦がでてくるので無理なく戴いて欲しい。
また『本年も宜しくお願いします』と述べられました。
(写真:長谷川センター長)


参加者の皆様美味しい料理をいただきながら、各々の生産者から主たる生産品と意気込みが話され、また参加した消費者からも挨拶やご意見がありました。
(写真:参加者の皆様)
-保育園で食材を沢山使っているかが、野菜を配達してくれると助かる。
-生産者の意気込みが伝わってくる野菜である。
-何十年と買っているが、ご苦労を思いながら戴いている。
-初めて参加した。いつも食べているが生産者が身近に感じられて良かった。
-東京・葛飾区から参加しており、昨年も来たが美味しい野菜を今後とも宜しくお願いします。
-生産者の皆さんへ感謝の気持ちでいっぱい。
-放射線の対応について、みずほの取り組みに中立・公正の立場で応援している。
   (食品安全委員会に関わっている方)

いろいな話が生産者を交え有益に行われた交流会であったものと思います。

沢山の料理に舌鼓をうち、且つお腹一杯になり有難うこざいました。
終わりに蕎舎のスタッフの皆様に多品種・大量の料理を間断なくご奉仕頂き深く感謝いたします。

初売り

明けましておめでとうございます。モニターの中島郁子です。

昨年は拙文をお読み頂き、有難うございました。皆様からの温かい「拍手」に支えられて、何とか書き続けてこられました。
任期満了まで、もうしばらく頑張りますので、よろしくお付き合い下さいますようお願い致します。

メリーさて、「みずほ」は、3日が初売りでした。
初荷を持ち込む生産者さんを撮影しようと、朝8時に伺いました。でも、もうすでに納品された方もいらしたようです。
寒さの中、皆さん元気にいらして、新年の挨拶をかわしながら次々に納品していかれました。スタッフの方が納品されたり、別の方を撮影している間に終わってしまわれた方もいらしたりで、全員ではありませんが、ご紹介します。
「みずほ」の看板犬、「メリー」も元気にお店にいます。
柳生さん吉波さん角田さん野口さん小川さん
柳生さん、吉波さん、角田さん、野口さん、小川さん

高谷(栄)さん高谷(悦)さん高山さん登坂さん荒井さん
高谷(栄)さん、、高谷(悦)さん、高山さん、登坂さん、荒井さん

梶浦さん柏さん長須さん中島幸司さん成田さん
梶浦さん、柏さん、長須さん、中島(幸)さん、成田さん

経営者会前会長の登坂さんと現会長の角田さんとお話しました。
今年は良い年にしたいね。昨年のようなことはもう無いと思いたい。でも、本来は何があっても可笑しくないものなのに、ずっと何もない平和で安心な生活を続けてこられたからなぁ。これからは、一日一日を大事に生きていかないといけないってことだな。(天変地異は)起こってほしくないけど、明日起きるかもしれない。だから、毎日を大切に、後悔のないように生きていないとな・・・。

2012年、「みずほ」は元気に始まりました!!

生産者さんをはじめ皆様のご健康をお祈りしております。
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

みずほの村市場

Author:みずほの村市場
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード