第5回公開放射線測定会と放射線の勉強会

こんにちは。モニターの中島郁子です。

暑さが戻ったとはいえ、空は確実に秋へと変わってきています。新学期を前に夏の疲れが出ないように、油断なくお過ごし下さい。

さて、「収穫の秋」を迎える前に、気になる秋野菜の放射線量について、公開勉強会(5回目)と測定会(13回目)が開かれましたので、お伝えします。

高妻教授講師は、3月末以来ずっとお世話になっている茨城大学の高妻孝光教授です。今日も水戸から学生さん達と一緒にいらして、放射線についてのお話と測定をして下さいました。
初めて参加された方がいらしたので、放射線について基本的なことから教えて頂きました。写真は、塩化カリウムを手に、自然にも放射線を出しているものがあることを説明される高妻先生です。
(写真:高妻先生)


経口摂取による実効線量への換算係数お話の中で、先生が強調されたことの1つが、「経口摂取による実効線量への換算係数」についてです。(写真:経口摂取による実効線量への換算係数)
現在問題になっているセシウムについては、
Cs134の場合、乳児 0.026 幼児 0.013 少年 0.014 青年 0.019 成人 0.019です。
Cs137の場合、乳児 0.021 幼児 0.0097 少年 0.010 青年 0.013 成人 0.013が、換算係数です。

実効線量(放射線影響)[マイクロシーベルト]=放射線濃度(ベクレル/Kgまたはベクレル/L)×摂取量(KgまたはL)×換算係数、この数式でベクレルをマイクロシーベルトに換算出来るようになります。

私は、数字に弱くて(算数も苦手だった)今まで聞き流していたのですが、人間への健康影響を心配するなら、この計算に慣れて、自分なりの基準を知る努力が必要だということが、ようやく解りました。

ここで例題です。
1Kgあたり 524Bq(ベクレル)のCs(セシウム)を観測した牛肉があります。この牛肉を 100g摂取したとします。Csは134か137か不明なので、半分ずつと仮定して、どのくらいの被ばくになるでしょうか?
1Kgで 524Bqだから、100gでは 52.4Bq。Csを半々としたから、どちらも 26.2Bqとなります。
26.2×0.019+26.2×0.013=0.84 となり、この 0.84μSv(マイクロシーベルト)が、計算上の被ばくになります。

例えばダイエットする時や病気になった時にカロリー計算をするように、この計算式に慣れて、家庭でも自分で計算するようになる、そんな時代がきているのかもしれません。「正しく怖がる」ために苦手でも頑張ろう!、と思いました。

さて、そんな気づきを頂いた後、実際に測定が始まりました。
今回の検体は、キクラゲ(菌床と乾燥)、マイタケ、マイタケ菌、干しシイタケ、生シイタケ、リンゴ、栗、トマト、枝豆、キュウリ、それからシイタケを作る原木は、露地とハウスの2種をそれぞれ皮と芯を別にして測定しました。セシウムが多いのでは、と巷で言われているキノコ類と原木は、私の不安の種でしたから期待して立ち会いました。
結果は、すべて心配なし、でした。今日も自分の目で確かめて不安を消去出来ました。有り難いことでした。
もちろん、今回もいくつか精密検査にも回りました。
これからも検査は続けてもらえますので見守っていきたいと思います。

テクノエーピー測定器それから、今日特筆すべきは、新しい放射線計測器による測定をしたことです。
(写真:テクノエーピーの測定器)
「スペクトルサーベイメータ TS100」という測定器で、ひたちなか市のテクノエーピーという会社が作ったものです。現在は、茨城大学の高妻先生と共同実証実験中で、近々販売になるそうです。


この器械が優れているところは、
 ●核種の判別と量の測定が出来ること。
 ●使い方が簡単であること。
 ●国産なので、サポートやアフターサービスにも便利であること。
 ●線量率範囲が、0.001μSv/h~10mSv/h 
と広いことなどがあります。
NaIシンチレーションサーベメータ同様携帯出来ることもいいですが、お値段が300万円弱だそうですので、自治体などで使ってもらえると検査する検体数がかなり増えて、住民としては嬉しいのに、と思いました。
核種まで解り、線量が見やすい点は、本当に良かったです。

一般の方が持ち込まれた表土の結果(写真:一般の方が持ち込まれた表土の結果)
先日のホテルグランド東雲での講習会でも考えさせられましたが、測定器はきちんとした器械を正しく使ってこそ不安を取り除けるので、機器の開発も進むことを願っています。

高妻先生ともお話したのですが、ずっと検査に立ち会ってきてみて、どうもセシウムの野菜への影響というのは言われてきたよりもずっと少ないのではないか、という感じがします。心配されたイネにしても、サツマイモ、ジャガイモ、キノコなども、検査結果は少ない(精密検査では多分非検出になるような)数値でした。
多くの研究機関でもお調べでしょうから、出来るだけ早く新しい分析情報を公表してほしいと願っています。それが、多くの人の不安を早く取り除くためにも重要だと考えます。

何と言っても、安心して美味しいものを食べることは心身の健康の源ですから、今日も嬉しい結果になりました。

「放射線の正しい知識と対策」講習会に参加しました

こんにちは。モニターの中島郁子です。

23日に行われました「放射線の正しい知識と対策」の講習会に参加してきましたので、ご報告したいと思います。

これまでこのブログでもご報告してきました通り、「みずほ」では、放射線に関する公開勉強会を続けてきました。今回は、その拡大版とも言えるもので、つくば市の後援を受け、より多くの方に放射線について正しい知識をお伝えしようと企画されたものです。会場となりました「ホテルグランド東雲」には、200人以上の参加者が集まりました。

まず、主催者である「みずほ」から長谷川社長が挨拶に立たれました。

放射線について色々な情報が出ている。生活者として、放射線を正しく理解して生活することが避けられないから、どう理解し、どう行動するか、高妻先生に教えてもらおう、と話されました。

次に、後援をしたつくば市の市原健一市長のご挨拶がありました。

放射線に対する市民の不安は大きく、市にも多くの声が寄せられている。物産展では買ってもらえるがスーパーや企業には購入してもらえない現状もあり、生産者が困っている現状だ。そんな中、どのように行動することで市民に安心頂けるか研究していきたいと思っているので、このような勉強会を有り難く思って支援している。市としては、「放射線対策室」を設けたり、計測器を購入する(9月~)など、市民の不安払拭を心がけている、と話されました。

続いて、高橋生産研究部長が、これまでの「みずほ」の取り組みについて紹介しました。

農産物だけではなく、土壌・堆肥に至るまで、「みずほ」が簡易検査ならびに精密検査で検査した数は279で、これは、茨城県が行なった農畜産物の検査数のほぼ半数になり、細かく検査できたと思っている。
今心配されている水田土壌については、4月からずっと検査を続けており、8月5日現在ヨウ素131は非検出になっていること、セシウムについては、4月に1913ベクレル/Kgあった水田で8月には452ベクレル/Kgになったことなどを示して、セシウムは、水溶性で水に流れやすいと言えるのではないか、と考えている。(ちなみに、この水田の新米は、ワラからも稲からもセシウムは非検出でした)
先日行なわれた「日本土壌肥料学会」で発表された見解では、土壌から玄米への移行係数は、0.00021~0.012である、とのことから、土壌からの移行は現在言われているもの(0.1)より少ないのかもしれない、とのことです。
「みずほ」では、今後も公開検査をし、必要なものは精密検査もしていく、とのことでした。

そしていよいよ高妻先生の講演が始まりました。

先生は初めに、「みずほ」との関わりの経緯と、現在24時間体制で放射線量測定検査をしている学生さんに対する謝辞を述べられました。私も3月29日に初めて公開で測定検査があった時から10数回、毎回3時間~4時間にも及ぶ検査を続けてくださっている高妻先生と学生さんには本当に感謝しています。お会いしたときにお礼を言うと、「お役に立てて嬉しいです」と笑顔で答えてくれるのですが、学生さんは、ご自分の研究とは別にこの検査をして下さっているのです。本当に有り難いことです。

まるで会場が高校か大学の教室になったように、「放射線と生活」と題してのお話、まずは「放射線とは一体何なのか?」についての基礎的な講義が始まりました。お話を聞きながら、私たちが誤解しそうなことや不安を煽られてしまっていたことなどを気づかせて頂きました。

例えば、天然の放射線と人工の放射線は同じである、ということ。一部の報道に、「天然のものには身体が順応しているが、今回の事故で出た放射線は人工なので怖い」という記事を私も見たことがありますが、そんなことはないそうです。

また、「セシウムが蓄積される」という記事も見たことがありましたが、これも間違いで、セシウムは70日くらいで体外に排出され蓄積されないそうです。

その他、以下のことを教えて頂きました(一部省略)。
放射線は、うつらない。放射性物質は増えない。刺さらない。生物は放射性物質の放射線を下げない。

自然に食物に含まれる放射性カリウム40による被ばくは、年間100~200マイクロシーベルトあり、人間は体重の0.3%がカリウムだそうです。カリウム40は、ポテトチップスに400ベクレル/Kg、わかめやホウレンソウに200ベクレル/Kg、バナナ110ベクレル/Kg、ごはん30ベクレル/Kgなど、私たちが普段食べている食品にも含まれているそうです。

自然および人工放射線の年間線量は、日本平均で、食品から(内部被ばく)年間410マイクロシーベルトある。

セシウムは、5歳未満の子供では、大人の5倍のスピードで排泄される、というちょっと安心する情報も頂きました。
セシウム137が、あまり濃縮されないものに、人参、肉、ジャガイモがあるそうです。

そして最後に、1963年におけるセシウム137は、水田で39ベクレル/Kg、畑圃場31ベクレル/Kg、白米4.2ベクレル/Kg、玄麦44ベクレル/Kgもあったことを示されました。つまり、私たちの年代はこれらの田や畑で作られた農産物を食べて育ったわけで、それでもガンにもならずに生きている事実があることを示して下さったのです。
さらに、フィンランドのヘルシンキあたりの放射線量は、0.156~0.220マイクロシーベルト/時であることも示されました。つくば市が、0.15(8月24日朝日新聞)ですから、この2つの情報は私には大きな安心につながりました。

講演終了後、牛久市からいらしたという女性から質問がありました。
ガイガーカウンターで測定をしているが、測り方を知らずに測っているので、数値も安定しない。正しい測り方を教えてほしい、とのことでした。
先生のお答えは、
ガイガーカウンターは、中程度の感度で、特にガンマ線に対しての感度は低い器械です。元来、放射線は気まぐれに出るもので、規則的に出るものではありません。だから少しでも正確に測るために24時間測り、その平均を見ています。バックグランドを測り、その差を何度も計測してみると少し判ってくるかもしれません。我々は鉛を用いて遮蔽していますが、一般には鉛を用意するのは無理なので、水で遮蔽してみるといいかもしれませんね、とのことでした。

今後少なくとも30年は付き合っていかなくてはならない今回の原発事故に由来する放射線ですが、付き合って行くからには「相手」を知ることから始めよう、という高妻先生のお言葉を胸に講習会を後にしました。

なお、次の公開測定検査は、8月28日(日)に行なわれます。詳しくは、「みずほ」HPをご覧下さい。

拙い長い文章をお読みくださって有難うございました。

講習会 『放射線の正しい知識と対策』

主催 みずほの村市場
後援 つくば市

原発事故の放射能汚染を受けて、みずほの村市場では、野菜の放射線量の測定を簡易検査及び茨城大学等での精密検査を実施し安全を担保してまいりました。4月20日の検査で全ての野菜において規制値以内となりました。その後も計測を続けましたが、今のところ全ての野菜で非検出(検出限界以下)となっております。しかし、牛肉から規制値を超えるセシウムが検出されるなど、不安は尽きません。また、雑誌やインターネット等のメディアでは不安を煽る情報も飛び交っております。
そこで、実際に今どの程度の汚染で、食べ物はほんとに大丈夫なのか?これからどうなるのか?・・・など、皆様の疑問にできるだけ丁寧にわかりやすく正確に解説をする講演会を開催することといたいましたので、ぜひご参加下さい。
■日時:平成23年8月23日(火) 17:15~18:30(受付16:45~)
■場所:ホテルグランド東雲  つくば市小野崎488-1 アクセス
■講師:茨城大学 高妻教授  茨城大学大学院理工学研究応用粒子線科学専攻
放射線の正しい知識と対策

ひまわり満開!!

こんにちは。モニターの中島郁子です。

しばらく涼しかったので、今日からの暑さはまた身体にこたえると思います。皆様どうか油断せずに、熱中症にもお気をつけて、お過ごしください。

さて、「みずほ」のひまわりが満開です。4種類1万数千本が、競って咲いています。残念ながら晴れていなかったので、写真は迫力に欠けるかもしれませんが、迷路を回るには最適でした。子どもさんの姿が見つけにくいくらい丈が伸びました。そうそう、いつの間にか「展望台?」が設置されていました。ですから、上から全体を見渡せますよ!
ひまわり迷路ひまわりひまわり迷路スタンプ見ーつけた


7日と20日には、「ひまわり+野菜収穫体験+馬車」のお得なツアーも企画されています(HP参照)。野菜の出来も良く、収穫も楽しめると思います。
ミニトマト アイコオクラカボチャのトンネル
(写真左から、ミニトマト アイコ、オクラ、カボチャのトンネル)

偶然お聞きした話。
昨年、小学生のお孫さんが「みずほ」のザリガニ池で釣ったザリガニが、今も元気に生きているそうです。この1年で何度か脱皮し、最初傷ついていたハサミも脱皮で綺麗になったそうです。3~4日に1度水を換え、エサもやり過ぎないように気をつけていらしたそうです。1年も長生きした例は珍しいですよね。今年は皆さんも挑戦してみてはいかがですか?

出穂《「米作り体験」参加者の皆さま》
お元気にお過ごしですか?
皆さまが植えたイネは、今丁度出穂(しゅっすい)が始まっています。写真は3日の撮影です。ひまわりを見たついでに、田んぼも覗いてみて下さい。(写真、出穂)
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

みずほの村市場

Author:みずほの村市場
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード