畑で見つけるプロジェクト

イベントのお知らせです。

畑で見つけるプロジェクト
「畑で大根を育てたら、農作業の楽しさや新しい出会いが見つかるかも」

普段出会いの機会が少ない農家の男性のパートナー探しと、農作業をやってみたい
女性に農業体験の場を提供するために企画しました。

内容:大根栽培を中心とした農業体験および昼食をとりながらの交流会

日時:第1回 平成22年10月31日(日)10時~15時 マルチ張り、種まき、けんちんそば作り
   第2回 平成22年11月21日(日)10時~15時 間引き、トンネル張り、バーベキュー
   第3回 平成23年2月13日(日)10時~15時 収穫、餅つき

場所:茨城県つくば市柳橋496 みずほの村市場 体験ハウス

対象・人数:1.男性 独身の農業従事者、農業関係者 30名
      2.女性 独身で20歳以上の方 30名
      3.世話好きで仲人(キューピット)として参加してくれる方 若干名
      4.昼食作りに力を貸してくれる方 若干名
      5.農業ヘルパー登録者 20名

参加費:計3,000円(第1回時に徴収)

申込み:店内レジ、またはみずほの村市場ホームページ 10月24日(日)迄
http://www.mizuhonomuraichiba.com/hatakedemitsukeruproject.htm

ありがたいことに、日経新聞や茨城新聞でこのイベントが紹介されました。
以降毎日のようにお問い合わせをいただいています。
ありがとうございます。

ここから重要
お問い合わせ、申込みの多くが男性からです。
男性の申込みは予定通り10月24日(日)で締め切りますが、
女性の申込みは引き続き受け付けます。

締め切りました。

農業に関心がある独身女性のみなさんへ
1.外で自然を相手に作業するのって本当に気持ちがいいものです。
疲れたら、ハウスの前で飼っているフワフワ羊に触って休憩してください。
帰りはピンクのソバの花を摘み取ってお持ち帰り下さい。

2.みずほスタッフに女性もいますから、安心して参加してください。
農作業初めてでも大丈夫。
農業男子とスタッフがサポートします。

3.特にお昼は楽しめると思います。
当日そば愛好会の方が手打ちそばを打ってくれますので、打ちたてのおそばと
みずほ生産者が愛情こめて育てた野菜を使ってけんちんそばを作りましょう。
大根、にんじん、里芋、ごぼうなどなどから、野菜のうまみがたっぷり出るはず。
外で食べるご飯って、どうしてこんなにおいしいんでしょう。


女性参加者、大募集しています。
ご参加お待ちしております

女性の募集も締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。



テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

食欲の秋を満喫-その2

こんにちは。モニターの中島郁子です。
今日は、前回の続きをご覧頂きたいと思います。

農場めぐり10月コース11沢山の手料理を頂き、お腹がいっぱいになったところで、栗拾いに出発しました。悦雄さんの栗畑に着いて、小袋をもらい、「これにいっぱいになるまで、自由に拾っていいですよ」と言われた時の嬉しかったこと♪。目の前には、つやつや輝く大きな栗が予想以上に転がっているのですから。実は栗拾いは初体験の私。20周年記念誌の撮影でお邪魔した時は、ご夫妻の作業を見ただけでしたので、もう感激!。しかも、イガの中から採るのではなく、すでに普段見ている栗の状態で転がっているのを袋に詰めるだけですから、楽しいだけ♪。「栗拾いは初体験」とおっしゃる方も多く、皆さん大喜びでした。栗は、「いの五」という名前の品種だそうです。実はまだ名前がつかない試験段階で広まってしまったので、こんな名前なのだそうです。採りたてなので、このままを水から40分くらい(大粒だから)茹でるといいと教えてもらって、バスに戻りました。

農場めぐり10月コース12それから、バスは一路成田さんの柿畑へ。
成田さんの柿畑は、筑波山麓の旧八郷町(現石岡市小幡)。フラワーパークの先です。多分、みずほの店まで1時間以上はかかると思いますので、出荷が始まると毎日この道のりを往復していらっしゃるのは、大変なことだと思いました。
成田さんは専業農家さんですから、みずほには柿だけを出荷しています。でもその他、私が密かに名付けた「広報の達人」でもあります。というのも、このみずほのHPを作成・編集・管理して下さっているからです。私もブログ初体験ですので、とてもお世話になっています。

柿畑では、柿の栽培について解り易い説明をしてもらい、さらに柿の収穫体験をさせてもらいました。これまた初体験!先の曲がった専用のハサミを使って枝から切るのですが、成田さんのお手本を見たら簡単そうだったのですが、見るとやるのとでは大違い。なかなかハサミが入らずに困りました。しかも切り口が出っ張ってしまい、成田さんに再度切ってもらいました。

それから、ご自宅にお邪魔して調整作業を見せてもらいました。まずは、収量を量ります。それから次が面白かったのですが、サイズ別に選別する器械。名前が『ピーチクパーチク』(ホント!)。この器械の上に収穫した柿が入ったコンテナを載せ、1つ取り出すと、「L」とか「S」とか器械が“しゃべる”のです。さらに隣りが「甘渋判定機」(今回私が一番楽しみにしていた)です。10月11日の「みずほのブログ」で成田さんご自身が書かれていた、「西村早生」という不完全甘柿の渋の判定をする器械です。昼間なので、ブログの写真のようにはっきりとは見えませんでしたが、肉眼でちゃんと判る程度に光りました。希望者は次々と判定させてもらいました。甘い美味しい柿を思う存分試食させて頂いた上に、お土産にも頂戴しました。
農場めぐり10月コース13農場めぐり10月コース14

本当に「食欲の秋」を堪能した今回の農場めぐりでした。
今年は、春の低温や降雪、夏の猛暑と長期間の雨なし、と異常気象続きでしたから、種が蒔けない、蒔いても枯れる、やっと芽が出てきたら育たない・・・。遠くからやっと水を引いてきてかけても猛暑で水ではなくお湯の状態になってしまう・・・。数え上げたらきりのない程の自然の試練が続きました。そんな中、知恵と経験、そして誠実な努力で、生産者さん達が守ってくれた安心・安全で美味しく、栄養もある作物たち。いつも以上に感謝して食べたいと思います。関係者の皆様、有難うございました。

「農場めぐり」も残り2回。自分の食べている作物が出来る現場を直接みて、その作物の作り手である生産者さんと直接話して、
お互いがお互いを知ることから始まる信頼関係を私は楽しみにしています。皆さんもいかがですか?詳しくは「みずほの村市場」HPをご覧下さい。

お読み頂き有難うございました。
                      
中島 郁子

食欲の秋を満喫-その1

こんにちは。モニターの中島郁子です。
17日(日)に「農場めぐりツアー(10月コース)」に行ってきました。その様子をご覧頂きたいと思います。

でもその前に、「農場めぐり」について書きます。
「みずほの村市場」では、今年創立20周年を記念して、各生産者さんの農場を見学する企画があり、1月から毎月(1回に3~4軒訪問)行われてきました。農作業の現場を見、生産者さんから直接説明を受け、生産者と消費者がお互いに交流を深めるという企画です。私も1月、4月、6月に参加しました。生産現場を見ることは、まさに「百聞は一見にしかず」でしたし、農業や作物について知らなかった「目からウロコの落ちる」お話を沢山聞かせて頂いて、毎回楽しんできました。お昼には美味しい手料理をご馳走になって、料理のレパートリーを増やすチャンスももらいました。とにかく「行って得するツアー」です。(詳しくは「みずほの村市場」HPをご覧下さい)

今回はその10月コースでした。お邪魔した生産者さん(写真左から)は、高谷栄司さん、高谷悦雄さん、成田勝さんでした。
農場めぐり 高谷栄司さん農場めぐり 高谷悦雄さん農場めぐり 成田勝さん

10時30分、堆肥センターに集合しました。
最初に見学したのは、集合場所である堆肥センター。ここは私が、「みずほの心臓部」と密かに名付けているところです。何故かというと、みずほの安全・安心な作物を作るためにとても重要な場所だからです。
生産者さんはここで、ご自分の田や畑の土の土壌分析を受け、その結果に基づいて必要な時に必要な量の堆肥をここからもらい、常にバランスの良い田や畑にしているからです。昔は生産者さんの経験や勘でやってきたことを、化学的に調べて、「健康な土作り」が常に出来るようにしています。健康な土から健康な作物が出来る、という最も基礎的な部分を担っている場所です。お店に買い物に通っているだけでは見られない場所ですね。
農場めぐり10月コース5農場めぐり10月コース4

次は、マイクロバスで移動して数分のところにある高谷栄司さん(今回は、高谷さんがお二人なので、以後「栄司さん」と表記させて頂きます)の畑に向いました。サービス精神旺盛な栄司さんは、バスをご自宅(立派!)やコスモスが咲いている畑の方に誘導して、それらを見せて下さってから、目的の見学場所の畑に連れて行って下さいました。栄司さんは、みずほのお店には本当に多くの種類の作物を出荷されていて、ご自分で「みずほの方針に逆らって多種出している」とか「時々店で(自分の名前が沢山並んでいるので)恥ずかしくなるよ」と笑っておっしゃるくらいです。(お正月の2日間を除く)店が開店している日は毎日、大抵は6時半頃に、納品されています。
農業を始めて40年という栄司さんが、「今年の状態を見てもらうにはここがいいだろう」と連れて行って下さった畑では、キャベツはまだ結球せず、例年なら出荷出来るはずになっているブロッコリーがほとんど葉しか見えず、人参は種蒔きが1日違っただけで葉のしげり具合が全く違うということが一目瞭然で判る畑でした。雨のない、厳しい暑さの続いた今年は、ベテラン農家でさえもいかに大変だったかを見せてもらいました。
こうして実情をありのままに見せて消費者の理解を得ながら、それでも店には美味しい見事な野菜を出荷しているところが、みずほのみずほらしいところだと思いました。
農場めぐり10月コース6農場めぐり10月コース7

そこへ、高谷悦雄さんがいらっしゃいました(先ほどの理由で「悦雄さん」と表記します)。悦雄さんは、みずほには原木シイタケ、柿、栗、ミョウガを出荷している生産者さんです。
まずは、シイタケのハウスを見せてもらいました。ほだ木が綺麗に組まれて、そこに沢山のシイタケが出ていました。シイタケの出来るまでや、原木と菌床(きんしょう)栽培の違いなどの説明をしてもらいました。

それから、庭先にある作業場の前で昼食です。ご覧の通りの豪華なお食事♪。高谷さんの奥様たち、大関さん、高橋さんの奥様が前日から、また当日早くから用意して下さった手料理です。素材を活かした料理の数々で、本当に美味しかったです。デザートには大きな甘い栗が出されて、胃が2つほしい私でした(笑)。
その上、ここで嬉しいサプライズの発表が・・・。栄司さんからキャベツと太い大根がお土産に提供され、さらに悦雄さんからは食後に栗畑に行って栗拾いをしてそれをお土産に、とのこと。超豪華な農場めぐりになり、本当に今回もまた「行って得する」ツアーになりました。
農場めぐり10月コース8農場めぐり10月コース9農場めぐり10月コース10

ここで、レポート作成に疲れてしまったので、申し訳ありませんが、午後の部は次回にさせて頂きます。次回は、栗拾いや成田さんのところの様子をご覧頂きます。
お読み下さって有難うございました。次回をお楽しみに♪
                                      
中島 郁子

渋柿とマヨネーズが出会ったら

前回のお約束した渋柿をマヨネーズで食べたらどうなるか?
やってみましたのでご報告します。
細かくブロック状に切った果肉にマヨネーズを絡めて食べてみましたが、
結果からいうと、んーです。
確かに渋みは抜けたように感じました。
後に渋みが残ったのは、作り方が悪かったのでしょうか。

今年の西村早生柿は渋抜けの状態が悪く、商品にならないものが多く出ています。
渋が残ったこの柿で何か有効利用できればいいのですが。
農業経営者会 成田




柿が並んでなくてごめんなさい

10日(日)お店に柿を並べることができませんでした。
理由は、柿の色づきが「もうちょっと」という感じなので、収穫を休んだためです。
収穫のタイミングを間違えることで、品質を落とすのは栽培者として、一生懸命に育てた柿の木に対して大変申し訳ないので収穫時期には気をつけています。
また、お客さんにも最高の柿を提供して喜んでいただきたく思っています。
12日(火)からお店に並べますので、よろしくお願いします。

今販売している柿の品種は西村早生です。
この柿の特徴は、不完全甘柿という種類で、種の入り方で渋が抜けない厄介な柿です。
そのため、すべての柿を1個づつ「甘渋判定器」という機械で渋の抜け具合を確認しています。
写真左は渋が抜けている柿、右側は渋が抜けていない柿です。
西村早生柿甘渋判定(渋なし)西村早生柿甘渋判定(渋あり)
下の黒い部分が判定器で、光を当てることで渋抜けの状態を判断します。
ゴマが入っていない柿(渋い)は果肉を光が抜けて写真のように光ます。
果肉に黒いゴマ模様がはいっていれば、渋は抜けています。
果肉は堅めの柿です。

テレビで紹介していたという話ですが、渋柿をサラダにしてマヨネーズをつけると渋が抜けるという情報を聞きました。まだ試していませんので、後日報告します。
農業経営者会 成田

祝 FC牛久店開店

モニター会の中島郁子です。
こんにちは。
久しくご報告することもなく(「消費者モニター会」の方には、報告ブログを書きました)、ご無沙汰しておりました。

2010年10月10日、みずほの村市場FC牛久店が開店しましたので、行ってきました。
あいにくの雨でしたが、予報よりはずっと良くて、途中止んだり、降っても小雨で助かりました。
女化街道からカントリーロードに入ると、開店を祝う花輪が道路両側にずらっと並んでいました。お店の入り口も、両側に大きな花輪が華やかに飾られていました。道路沿いの外壁のポスト、とてもステキな作りですね。
みずほの村市場FC牛久店1みずほの村市場FC牛久店2みずほの村市場FC牛久店3

みずほの村市場FC牛久店4店内は、程よい大きさで、棚と棚の間もカートがすれ違って通れる間隔があいていて、動き易いと思います。
肝心の野菜は、牛久の経営者会の方々の他、みずほ本店からのものも多数並んでいました。上棟式の時にお聞きしていたよりも多くの方が納品していました。しばらくは、本店からの応援が必要なようです。

開店前に韓国メディアが取材に入っていて、青山さん、宮本さんにもインタビューをしていました。青山さんの解説によると、いらしていた方は、日本の『バンキシャ』のような番組のクルーで、みずほのように年間を通して同じ価格で野菜を売ることがどうして可能なのかを取材したそうです。
みずほの村市場FC牛久店5みずほの村市場FC牛久店6みずほの村市場FC牛久店7

10時10分過ぎにやっと開店の式典が始まりました。長谷川社長をはじめ、池辺牛久市長、経営者会会長、市議会の方々の挨拶に続き、テープカットがありました。
10時30分、「開店で~す」の声とともにお客様が大勢店内に入られました。「いらっしゃいませ~!」という明るい大きな声は、応援で行っていた櫻井店長はじめ本店の生産者の方々で、さすが慣れていました。お客様は試食をしながら、「美味しい~!」とか「高いわね」とか言いながら買い物をしていらっしゃいました。まだみずほの理念が伝わっていないので、昨年までの私と同じで、値段で品物を見ていらっしゃる方が多いように感じました。
本店同様、時間をかけて「生産者」「消費者」「店」の3者が、信頼関係で繋がることを心から願っています。
みずほの村市場FC牛久店8みずほの村市場FC牛久店9
中島 郁子

食欲の秋だね

昨日から佐伯さんのアールスメロンはじまりました。
そして明日からはお待ちかねがお店に並びますよ。
成田さんが箱入りはもうちょっと待ってくださいとのこと。
中山さんはぶどうが終わりに近づくとともに、はじめてだけど梨の新高を持ってきます。

なんか食欲の秋だよね。
なんでも食べたいね。
あり、あり、サツマイモに里芋
関さんは切り餅をはじめました。
玄米餅、黒米餅、えび入り、海苔入りもあって迷っちゃうね。

最近のみずほ農場

みなさん、こんにちは。ご無沙汰しております。今日はみずほ農場の近況を
アップしたいと思います。

みずほ農場のそば畑この夏ひまわり迷路だった畑は、これからソバ畑に変わります!
9月14日にソバとクローバーを播きました。10月23日から一般開放されます。
写真は畑です。現在のソバはおよそ10cmくらいでしょうか。




そして、みずほ農場では外山さんのキュウリの出荷が始まり、今年は
ピクルスなどに向いている加工用のミニキュウリも生産・出荷しています。
これから出荷量も増えてきますので、ぜひお買い求め下さい!
↓キュウリとミニキュウリの様子
外山さんののきゅうり外山さんのミニきゅうり

また、門脇さんのミニハクサイの出荷ももう少し始まります!
先日、畑の様子を見てきましたが、みずみずしくて柔らかそうなミニ白菜が
ずらりと並んでいました。こちらはみずほ農場で初めての栽培・出荷になります。
急に寒くなってきた今日この頃ですので、ひと足早い白菜料理にいかがでしょうか。
↓ミニ白菜の様子
門脇さんのミニ白菜門脇さんのミニ白菜畑全体

最後に、10月10日にみずほの村市場FC牛久店がオープンしますが、それまで
つくば店で預かることになっていた柴ヤギの「ヤギハシくん」と「ヤギサワさん」の
近況もお知らせします☆

ブログではお知らせしていませんでしたが、先月初め、2頭とも3日間ほどひどく体調を

崩し、守谷市の獣医さんに来ていただきました。熱中症と言うより、食中毒のようで、

3日の内2日ほど飲まず食わずの状態が続き心配しましたが、3日目の昼くらいから
水や草を食べるようになり、何とか無事に回復しました。

今では以前より行動範囲が広がり、蕎舎の方まで来てしまったり、土手の遠くまで
行ってしまったりと、事故などに遭わないか少しばかり心配です。

最近はすっかり馬たちと仲良くなったようで、角で威嚇(?)したり、逆に馬に頭を噛み
付かれたり、楽しそうにジャレ合っている姿をよく見かけます。
↓馬たちとヤギハシくん
馬たちとヤギハシくんヤギハシくん頭をかじられてる

私的には…遊んでいると強く信じたいです!!この画的にみなさんはどう思いますか?

あと数週間できれいなソバの花も咲きますので、花見に、おいしい秋野菜を買いに、
かわいいヤギたちに会いに、ご家族ご友人をお誘いの上、みずほまで足を運んで
くださいね☆

                                     生産研究部 白川
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

みずほの村市場

Author:みずほの村市場
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード