MAHARI GIRL'Sミニライブinみずほの村市場

MAHARI GIRL'Sのミニライブをみずほの村市場で開催します。
日時:2010年8月29日
時間:13:00~ 14:00~ 15:00~ の3回(1回10分)
出演メンバー:莉子 美月 真依 愛莉 麻鈴 紫苑
『やさいのうた・かかしのうた』発売中!!
オフィシャルサイト http://www.is-field.com/maharigirls/

テーマ : U-15アイドル
ジャンル : アイドル・芸能

夏バテ防止に元気なみずほ自然有精卵を。。。

猛暑が続いてみな大変ですね。 
この辛さは人間だけのものではありません。
家畜たちも結構倒れてしまうようです。
ところがみずほの自然養鶏場の鶏はご覧のとおり。
やはりひなの時から大自然の中で育てられよく耐えてるんですね。

卵の味も大きさも変わらず
今日も元気いっぱいで動き回っております。
今週日曜(29日)まで体験農園をやっており、
鶏舎の中でたまごひろいが出来ます。

会いに来てください。^^


SH3E00667.jpg

ゴボウ畑

こんにちは。
今日はまずお詫びします。
前回のブログで、「(農場めぐりに)ご一緒しませんか?」とお誘いしておきながら、今日私ドタキャンしてしまいました。ごめんなさい。夏バテ+夏カゼみたいです。皆様はお気をつけ下さいね。

さて今日は、20日に撮影に伺ったゴボウの畑をご覧頂こうと思います。
伺ったのは、今まで長年みずほで唯一のゴボウ生産者だった高野さんの畑です(今年は、新しく田畑さんという生産者さんが作り始めています)。

高野さんのごぼう1高野さんのごぼう2高野さんのごぼう3

まず、6月21日の畑の様子から。手前は芽が出始めていますが、奥はまだ種を蒔いたばかりです。(写真左)
それが、8月20日には、奥の所がもうこんな風になっていました。高野さんは、草取りの作業中でした。奥様と息子さんは葉に隠れて見えませんが、3人で作業していました。(写真中)
6月の写真で、芽だった部分は、葉がこんなに大きくなっていました(写真右)

高野さんが、今のゴボウの状態を見せて下さいました。
高野さんのごぼう4高野さんのごぼう5

これから益々太く長くなっていきます。何せ初めに1.5mの深さに穴を掘ってありますから、真っ直ぐに伸びていけます。
高野さんのごぼう6 高野さんのごぼう7

9月末から10月に、大きく美味しくなって店頭に並ぶ日が今から楽しみです♪

中島 郁子

今年の梨は?

こんにちは。
相変わらずの暑さですが、夕方の風に秋を感じました。

みずほには、お二人のベテラン梨農家の方がいらして、どちらもとても美味しい梨を納品していらっしゃいます。
今日は、梨の収穫風景と出番を待つ見事な梨をご覧頂こうと思います。
先日、一日で2軒を撮影して来ましたので、ご覧下さい。

まず、土浦市の中川さんの梨農園です。梨の中でももっとも人気の高い「幸水」の収穫風景です。
どうです?美味しそうでしょ?
もいで、枝を切り整えます。
カゴの中の大きさを見て下さい♪
中川さんの梨1中川さんの梨2中川さんの梨3
選別してコンテナに入れます。中川さんの梨を愛しむ手つきが印象的でした。
中川さんの梨4
今年は、花の咲く一番大事な時に雪が降ったり、気温が上がらなかったりして、例年よりも収量が減ってしまいました。でも、甘さはのっています。お店で味見をしてみて下さい。


中島 郁子
 

体験農園ラストスパート!

みなさん、こんにちは!

よい子のみなさんは、もう夏休みの宿題は終わりましたか?
まだですよねー。それはみんな誰でも一緒です!

退屈な宿題の息抜きにザリガニ釣りやひまわり迷路、野菜収穫、
竹細工遊びをしにみずほに来てみてはいかかがですか?

体験農園は8月29日(日)まで開園しています☆

なお、竹細工教室は8月22日(日)、8月28日(土)と、残すところ
2回となりました。(※21日は都合により中止です)

毎日多くのみなさんにご来園いただいていますが、やはり注目の
的は2匹のヤギ達です。

「あ!犬!!!」とおっしゃいますが…ヤギです!

「何か小さくない?」とおっしゃいますが…1歳半です!!

「草を食べるんだよ!」とおっしゃいますが…イカも食べます!!!


↓イカでヤギ釣りはイカが~?笑(よい子のみんなはマネしないでね)
ヤギ釣り

彼らは、最近暑いので受付のコンテナハウスの床下で仕事をさぼって
いるようです。受付にいると、私の足の間からヤギハシくんの顔がにょきっと
生えてきます。

↓「毎日暑いメェ~。僕、写真写りいいでしょ!」
上目遣いのヤギハシ君


↓ヤギサワさん「もう、あなたったら大人気ないわメェ~困;」
ヤギサワさん

ではでは、夏休みの最後をみずほで思いっきり楽しんでくださいメェ!

あ…私はヤギではなく、人間でした!笑

生産研究部 白川

明日から新米入荷!

明日から新米入荷
高山さんのあきたこまちです。

あつくてあつくて人間も
まいっちゃうけど畑もまいっちゃうますよ。

レンコンの収穫風景

こんにちは。
また暑さが戻ってしまいましたね。
前回に引き続き、生産者さんのところに伺って撮影してきましたので、ご覧頂きたいと思います。

今日は、レンコン生産者の宮本さんです。
宮本さんは、全国1のレンコンの産地である霞ヶ浦近くの稲敷郡浮島で、2人の弟さんと一緒にレンコンの栽培をしていらっしゃいます。「レンコン3兄弟」として雑誌などにも載っていますから、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
れんこん3兄弟1

れんこん3兄弟9
今日は、宮本さんの説明を受けながら、一番下の弟さんが収穫する様子を撮影してきました。










まず、田んぼの中で土中のレンコンを探します。
れんこん3兄弟2

掘り出したレンコンを、傷つけないように注意しながら、ドロを落とすために水を吹きかけます。
れんこん3兄弟3れんこん3兄弟4れんこん3兄弟5

舟にいっぱいになったところで引き上げます。
れんこん3兄弟6れんこん3兄弟7

収穫したレンコンが乾かないようにシートをかけて運びます。
れんこん3兄弟8

この後、根(レンコンとして食べているところは、根ではなく、茎です。私そんなことも知りませんでした)を切ったり、洗ったりして出荷となります。

そうそう、お気付きですか?写真は同じ田んぼです。つまり、膝下しか水の無い田で、胸まで水に浸かって作業していたのです。実は、膝を使って移動しながら作業しているのです!

レンコン栽培の作業は、ほとんどが手作業です。夏には水温30度の中でウェットスーツを着ての作業、冬には水温5度、時には氷が張った田の中で氷を割りながらの作業になります。4月の植え付けでは、1本1本を根を折らないように気遣いながら丁寧に植えて行きますが、それも水中の目に見えない部分での手作業でした。
いつかその辺も詳しくお伝えしたいと思っています。

夏のレンコンは、秋・冬と違って、アクが少なく、水水しくて食感が軽い美味しさがあるそうです。
サラダにして味わってみたいと思います。
中島 郁子

ポン菓子が出来るまで

今年みずほの村市場は20周年を迎えます。
今、みずほでは20周年記念事業が計画されています。その1つにみずほ20年の歩みを記念誌として残す企画があります。私は、そのスタッフの一人として、生産者の方にインタビューしたり作業風景の写真を撮影に行っています。
その時にお聞きしたり見せて頂いたことをご紹介したいと思います。

昨日は、中島崇さん(みずほのお店に、お米、レタス、オクラ、ポン菓子、麦茶などを納品している生産者さんです。同姓ですが、親戚ではありません)の作業場にお邪魔して、ポン菓子製造の様子を撮影させてもらってきましたので、ご覧頂きたいと思います。

まず、ポン菓子をご存知ですか? 
ポン菓子1
玄米で出来ているお菓子です。私には、“子どもの頃に食べた懐かしい味”のお菓子です(年がばれちゃいますね)。

中島さんは、ご自分で作っている米を原料に、砂糖と塩だけの昔ながらのポン菓子を作っています。みずほでは、中島の他に同じくお米を作っている荒井さんもポン菓子を作っていらっしゃいます。
中島さん、荒井さんのポン菓子は、原料が良いのでよそのものに比べて1粒1粒が大きいのが特徴です。
ポン菓子2

ポン菓子は、専用の製造器械を使って作ります。
ポン菓子3
毎年「村祭り」の時に「ボン!」と大音響を出して作っているので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

作り方はまず、器械に玄米を入れ熱します。
ポ菓子4
 
温まるまでの間に砂糖と塩と水でキャラメルを作ります。
ポン菓子5

出来上がったものにキャラメルを絡めます。
ポン菓子6

奥様が計って袋詰めし、中島さんが乾燥剤を入れて閉じて完成です。
ポン菓子7

さて、肝心の爆発の瞬間は、連続写真でどうぞ!
ポン菓子8ポン菓子9ポン菓子10
ポン菓子11ポン菓子12

これからも時々みずほ生産者の栽培・生産現場をご紹介させて頂きます♪

中島郁子

新さつまいも、中玉スイカ始まりました

今日から飛田さんの新さつまいもお店に並びます。
よろしくネ。

高山さんの中玉スイカ始まりました。

盆にはメロンあり、ブドウあり、あり、大玉スイカあり、
もちろん切花はすごいよ。

たまご拾いはいかがですか~?

みなさん、こんにちは!

ひまわりは現在満開の状態で、毎日多くの方々にお越しいただいています。

先日、みずほ養鶏場からニワトリのヒナ2羽がやって来ました。
もみじと言う国産の有名な品種です。体験農園の休憩所にいます。

↓みずほ生まれのヒナ
みずほ生まれのヒナ


初日は人慣れしていなくてバタバタしていましたが、今は小さなお子さんが
騒いでも堂々と隣で居眠りしているようです笑

生後50日程度のヒナで、あと100日もするとたまごを生み始めるそうです。

毛がふわふわしていて、エサをあげる時などはケージの外まで出てきて
争いながらエサを食べています。草やキュウリも好きみたいです。

柳橋(ヤギハシ)くんや柳沢(ヤギサワ)さんも興味津々のようで、毎日
ケージの前に行ってヒナの様子を観察しています。

まさか…ヒナを食べようとしているのではないとは信じていますが…汗;

↓ヒナと柳橋くん
ヤギハシ君とヒナ


みなさんもヒナたちと仲良くしてあげてくださいね☆

たまご拾い室にもたくさんのヒナがいるそうですよ。ヘルシーで新鮮な
たまご(有精卵)をご家族やお友達と拾ってみませんか?
6個300円から販売しています。

生産研究部 白川

カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

みずほの村市場

Author:みずほの村市場
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード